賃貸経営のやめ方|上手に収入を得るなら賃貸管理をしっかり行う必要がある

上手に収入を得るなら賃貸管理をしっかり行う必要がある

賃貸経営のやめ方

ウーマン

所有物件を売却する方法に

今は法人化して賃貸経営をしているが後継者はいないのでいずれは辞める予定なら、不動産M&Aを頭の隅に置いておきましょう。不動産M&Aは企業買収の1形態であり、賃貸経営をしている所有物件とその事業内容の全てか一部を企業に買い取って貰う事です。この方法だと、ただ所有物件を売却した時よりも税負担が軽く済むのでお勧めです。不動産M&Aは、会社そのものを買い取ってもらうので株式を発行し、買い取る会社がその株式を購入することで売買契約が成り立ちます。この場合だとかかる税率は20%のみの負担で済むので、手取り価格を大幅に増やすことができます。所有物件をただ売却した場合だと、所得税や住民税がしっかりとかかるので手取り金額は大幅に減ることになります。

買主にもメリットがある

所有物件を企業買収の不動産M&Aで売却すると、大幅に支払う税金を節約することができます。しかし、この不動産M&Aを行う場合は、税理士や弁護士などの専門家によく相談をしながら進めることが大切です。企業買収の不動産M&Aは、簡単なようでいて専門的な手続きも幾つかあるので、まずは最初はいつもお世話になっている税理士に相談しましょう。また、急ぎなら所有物件のお世話になっている不動産会社に企業買収の不動産M&Aをお願いしてもいいでしょう。この場合は、相場よりも安く買い取られることが多くなるのでその点で妥協できるかどうか問題にはなります。しかし、不動産M&Aは売主だけでなく買主にもメリットがあり、物件を購入する際の手数料負担が少なくすむのでその点を含めて上手に交渉しましょう。