高齢者の人でも安心|上手に収入を得るなら賃貸管理をしっかり行う必要がある

上手に収入を得るなら賃貸管理をしっかり行う必要がある

高齢者の人でも安心

粘土の家

家賃債務保証は高齢者を中心に利用者が非常に増加しています。それというのも、賃貸契約を締結するときにおいて、高齢者が借主の場合は家主が非常に不安になるからです。高齢者が借主になると収入が十分ではないのではないかという不安や連帯保証人の不在などの問題があります。こうした不安や問題を払拭してくれるのものとして家賃債務保証制度があります。この制度を利用すると借主が家賃を支払うことができなくなったケースに家賃が保証されます。保証金としては契約内容や会社にもよりますが、1ヶ月の家賃の30%程度が相場になります。この家賃債務保証制度は高齢者だけでなく外国人にも開かれているので、近年は利用者が増加しています。

家賃債務保証については注意点もあります。それはどのような場合でも利用することができるわけではありません。家主とサービスを提供している会社と基本契約が締結されていることが条件になります。家主が契約をしていることが第一の条件になります。また、家賃債務保証は滞納したときには家賃を立て替えくれますが、借主はのちのちにそのお金を返さなければいけません。利用手数料を毎月支払ってはいますが、あくまでも借りたお金は返す必要があるのです。しかしながら、このような保証があれば高齢者や外国人は賃貸契約を結びやすくなっていることは事実です。空き家の物件を抱えている家主やなかなか賃貸が決まらない借主は制度の利用を検討してみるといいでしょう。