相続対象として優れた性質|上手に収入を得るなら賃貸管理をしっかり行う必要がある

上手に収入を得るなら賃貸管理をしっかり行う必要がある

相続対象として優れた性質

カップルと婦人

相続税の大幅減額

サラリーマンが行う副業として、近年高い人気があるマンション経営ですが、親から子へと財産を相続する場合の相続税対策としても有効に使うことができます。財産を子供や孫に残す側としては、1円でも多くの金額を残したいと考えるのが通常です。まとまった額の資産を相続する場合、その金額に対し一定の割合の相続税を支払う必要があります。通常はその額面に対し、100パーセントの金額に税金が課されますが、不動産の、特にマンション経営を行う賃貸物件に対しては税法が優遇されているという特徴があります。それを利用することで課税対象額を最高三分の一程度にまで減額し、相続税として払わねばならない額を大幅に下げることができます。

相続対象として優れた性質

親から子、孫へとできるだけ多くの財産を相続したいという場合、マンション経営を有効活用することで相続税を節税できます。その理由としては、相続税は現金や有価証券である株式に対してはその額面の100パーセントに対して課税がなされますが、不動産に対してはその金額の60パーセントにしか課税されません。また、その物件を第三者に賃貸している場合、さらにその課税割合を30パーセントまで下げることができます。最終的に最大で課税対象金額を三分の一にまで下げることができ、相続税として支払わねばならない額を大幅に下げることができます。また、アパート1棟全てを相続する場合と異なり、一部屋ずつに区分登記されており遺産分割しやすく、相続人が揉めるなどといった事態を避けることができるといった利点もあります。また、マンション経営は相続税の節税だけでなく、受け継ぐ側にも、相続した後に家賃収入ができるといった恩恵もあり、相続対象として優れた性質を持ちます。